FC2ブログ

【打合せ】3回目。家作りノート持参。設計士交代。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




今回も家作りノート持参。
昼休みとか家事の合間にカキカキ。


今回は、ちょっと水回りの位置を変えてみた。
『外から帰って来たら手洗いうがいをする』
が習慣なKIKO。CHINは違うけど。
子供達もそうなってほしいので
やっぱり、洗面所は玄関近くがいいな。
って事で水回りと寝室を入れ替えて考えてみたのです。

脱衣所、お風呂は元の位置で
書斎兼物干し室との導線を確保したかったけど
CHINに『風呂あがって、歯を磨きにわざわざ行くのが面倒』
と言われてしまったので、水回りをまとめて引っ越し。

どこかを立てると、どこかが立たない。
家作りって難しいね。
そういう時に、設計士さんの提案力が欲しい所。

しかーも
担当設計士さんが代わるんです。移動で。

年配の設計士さんにバトンタッチなのですが
KIKOお得意の第一印象。あんまり良くない。。
出来れば、若手設計士さんにこのまま続けてほしいが
そうはいかないらしい。
何で一条都合でこっちが迷惑をこうむらなければならんのだ。

NEW設計士さんは三ツ星。
でも、なんかこの先不安なんですけど。
とりあえず、ちゃんと引き継ぎしてってくださいね。
とお願いしておきましたが、大丈夫かな。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


2回目打合せを終えて。提案間取りが悪くなって帰ってきた。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




営業君が例の如く、持って来てくれました。



【×ポイント】
◆書斎兼物干し部屋のアクセス
→確かに、この位置にって間取りは描いたけど
 洗面脱衣所からアクセスできて意味を成すんだけどな。下図参照
 
◆水回りへのアクセス
→謎のキッチン横スペースを通るの、非合理的じゃない?
◆WICの出入り口
→縦長方向に出入り口があるのが空間の有効利用のため、理想。
◆ピクチャーウィンドウの位置
→玄関入ってドーンっと最大FIX窓が理想。

【〇ポイント】
◆外観
→好きな感じ。
 玄関部分が三角屋根なのが良い。

うーん。もっと・・・
お!これ、いいね!
っていう提案が欲しいところだね。

こっちの提案図面を
一条ルール内で再現するだけじゃーつまらないなぁー。

しかも、勾配天井抜けてるし。
そしたら、勾配天井ありの図面も作って持って来てくれました。

うーん。
大パノラマウィンドウと勾配天井の組み合わせ不可ってルール。
本当に腹が立つな。。。
パノラマウィンドウと勾配天井は可能。
しかし、パノラマウィンドウの採用に拘りたい!



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


【打合せ】2回目。持って行こうMY資料。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




打合せのには
こんな感じでMY資料を持っていきます。

一番左の資料をザックリ説明すると・・・
◆一条ブログを読んで気になった点
→浴室鏡
 浴室鏡の腐食記事を見かけた。
 そもそも浴室には何も付けないのが理想なの!鏡とか棚とか、全部!
→床暖HB位置、パイプ経路
 HBの位置や経路によって温度差が出るって記事があるけど?
◆確認したい事
→シューズウォール扉の取り外し可能か。
 シューズウォール底面の取り外し可能か。
→窓の制約について知りたい
 ※大パノラマウィンドウには左右に1マス分の壁が必要など
→FIX窓と窓を並べて配置した場合の間はどれくらいあくのか。
→壁の設置単位固定か。
→オプションの洗面台の高さは固定とあるが、
 下に台をかませてかさ上げは出来ないのか。
→USBコンセントを付けられないか。

こんな感じの事が書いてあります。
そんで、残る2枚は、まぁ見ての通り間取りですね。
間取りを考えている時に出てきたメモも
設計士さんに伝えるべく載せておきます。

◆L字(T字?)な間取りも気になる
→地盤調査の結果を踏まえての形提案 
◆南西の庭を独立させたい(玄関道路側から見えない)
◆軟弱地盤を避けたい
◆子供部屋の前に出来た廊下(縁側的な)も面白い
◆衣裳部屋、最低2マス×2.5マスは欲しい
◆タンクレスなら0.75帖もあり?
◆子供部屋は4.5帖でいけるでしょ。

こんな感じ。
そして今回の打ち合わせも、これを基に
説明したり、提案されたり、諭されたり・・・

毎度、打合せは長いんですよね。
10時開始の17時終わりみたいな。

貴重な休みが・・・
家作りって、体力いるね。



ちょっと小ネタ。
KIKOが平屋が建てたいといった時、
CHINが、開口一番に言った事があります。

CHIN『ドラマの「HERO」みたいになるから嫌』

え、どういう事?
CHINの言い分はこうでした。

CHIN『リビングで集合、リビング直結のドアから各部屋に解散』

なるほど!
そんな訳で、CHIN夫婦の家作りは
CHINのHERO事務所イメージ『集合、解散』を
払拭すべく、敢えて廊下を取り入れる間取りとなってゆきます。

KIKOは、お気に入りの廊下なのだけど
CHINは、無駄廊下と呼びます。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


一条ルールに対する、KIKOの考え方。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




「一条ルールなんて、知らない。会社都合であって、私たちには関係ない。」
「臨戦態勢」

という言葉に、モヤッとした物を感じた方がいらっしゃいました。
ブログって難しいですね。
自分が感じるままに書いると、モヤッとさせてしまう事もある。
万人に愛されるとは思わないけれど
それでもモヤッとさせてしまったのなら謝りたい。
そしてちゃんとKIKOの気持ちも伝えたい。

そういう訳で
『KIKOの考え方』という内容の記事を書く事にしました。
興味のない方は、スルーでお願いいたします。


一条が、と言うか・・・KIKOの場合、i-smartが
『企画住宅に近い形にすることで、性能を維持しつつ価格を下げる』
そのため、出来ないことが多い。これを一条ルールと皆が言っている。
っという事は知っておりました。

何が出来て何が出来ないか
明確にされていなければ、施主は判断がつきません。

ですので一条でお願いすると夫婦で決めた時
KIKOは『声を発する』事は重要だと思いました。

そのうえで、一条サイドの言い分を聞こう。
しかし、ただ『出来ない・無理だ』は仕事としてあり得ないんじゃないかと
KIKOは思いました。

もちろん、出来ない事が多いなら
他社で建てよう。
その選択もありだと思います。
ですが、KIKO達は一条でお願いすると決めました。


1、意見を出す
2、返答をもらう
3、協議する
この繰り返しで、打合せを進めていきました。


普段、KIKOがしている仕事。
それも同じものがあります。

仕事って戦いだとKIKOは思っているのです。

時間だったり、
予算だったり、
顧客の意見だったり、
上司の意見だったり
技術の問題だったり、
技量の問題だったり

色んなものと戦います。
それゆえ、記事タイトルに『臨戦態勢』と使いました。
自分自身と、そして理想の家のための戦いという意味合いで。

仕事という戦いに備えます。
時間であれば、定時内に終わるように
予算であれば、予算内かつ売り上げ部分をさらに確保出来れば上等。
顧客の意見であれば、要望に沿うように提案
上司の意見であれば、うまく立ち回り
技術の問題であれば、最新の情報を入手したり
技量の問題であれば、スキルアップの勉強を

そういった戦いの備え。
こちらの盾や矛を備えますよね。


しかし、仕事における戦いの中
ただただ攻撃、防御をする訳ではありません。
協力や歩み寄りが必須です。

時間が足りなければ、残業を。
予算を越えそうなら、調整を。
顧客の意見が実現不可なら、代替案を。
上司の意見が辛くても、社会人として耐えたり、
           顧客との間で板挟みになったり。
技術的に実現不可なら、やはり代替案を。
技量が足りずに実現不可なら、先輩に助言や助力を。

こうして仕事をこなしてゆきますよね。
どうしても一条ルールという存在は
そういった協力や歩み寄りを軽んじている気がしてならなかったのです。


-----------------------------------------------------------------------------
● 「出来ません」は受け付けない
→出来ない理由説明は大事だが、
 それより一歩先の解決案・代替案は必須(理由説明だけで片付けるのは最大NG)。
 ※一条ルールなんて、知らない。会社都合であって、私たちには関係ない。
  ある程度なら、DIYで対応も可能。
  むしろ、DIYも取り入れたい(夫婦共通の趣味だし、i-smart感丸出しは微妙)。
-----------------------------------------------------------------------------
これに関して言えば
出来ないのであれば出来ない理由を教えて欲しい。
DIYが趣味なので、それで対応できるかもしれない。
でも、DIYで対応不可の場合もある。
でも、やりたい事を、ただ『出来ません』の言葉で受け入れたくはない。
一条サイドでも考えて欲しい。解決案や代替案は出してほしい。
KIKO達も、もちろん考えます。
でも、一条の会社都合を、いち顧客が把握できるはずがありません。
なので、やはり一条サイドからの解決案や代替案が必須になってくると思うのです。

どうにも
言葉で表現するのは難しいですね。
これでKIKOの思い・考えが伝わったのか
それも疑問でしかありません。

ですが
決して、一条と険悪になりたい訳でも協力しない訳でもなく
打合せは、いつもざっくばらんに笑い声もありつつ
でも、もちろんシビアになる事もあって・・・

そんな打合せをしてまいりました。
常に笑顔のみの打ち合わせという事は
KIKOには出来なかったけど
それが悪いことだとも、KIKOはどうしても思えないのです。

これから一条で家を建てる事を考えている皆様
今まさに建設中の皆様
むしろ、家作りをしている皆様が

それぞれの形で
納得した家作りが出来ます事を祈っております。


拙い文章で、申し訳ありません。
そしてまたモヤッとさせてしまったのなら、ごめんなさい。
これがKIKOの綴るブログなのです。。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


初回打合せを終えて。視覚化で要望が具体化してきた。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




次回打合せの前に、
営業君が初回打合せ内容を盛り込んだ資料を持って来てくれます。

こんな感じのでした。

・大パノラマウィンドウからの勾配天井
・脱衣所
・シューズクローク
・家族全員分のWIC
・2部屋続きの洋室入口にスリットスライダー
・急な来客対応可能な物干し部屋



悪くない。
一応要望は最大限含まれている。が。。。

【×ポイント】
・玄関開けたまま話せない
→ご近所さんと玄関で話す時、通行人に家の中が見えるのって嫌かも。
・キッチンカウンター背後のスペースが好きじゃない
→庭見ながら調理するのかな?
・シューズクローク内にFIX窓!?
→そんな所にあっても・・・
・玄関入ってすぐが寝室
→気持ち的に嫌。
 まぁ寝るだけの部屋と割り切ればありか。
・平な屋根はゴミ溜まりそう
→掃除しなきゃなのかな・・・

【〇ポイント】
・水回りと書斎兼物干しスペースは良い感じ

うむむ
×ポイント多くない?
あれですね。
設計士が問題。っというよりも
視覚的に確認することで
CHIN夫婦も要望が具体化したという感じでしょうか。

そこで、必要な部屋は用意されているので
図面をコピーしてチョキチョキ。
んで、色々並び替えてみます。


パズル感覚で色々並び替えて考えます。
で、コピーと切る作業が面倒になったので
100均の方眼ノートを使って一心不乱に書きまくる。
(1マスを910として考えるとやりやすい)
書いてる途中で気に入らなくなったら
大きくバツ印を付けて次のページへ。
消しゴムとか使わないで、とにかく思うがままに書くのがおススメ。

こういう家作りノートがあると
仕事から帰ってきたCHINとも意思疎通が出来ますし
後から何でここ止めたんだっけ?となっても
メモが残ってたりすると便利です。

どうです?
家作り 用意するのは ノートから。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


臨戦態勢。初回打合せ。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




ようやく打合せネタです。
早く書きたくてウズウズしてました。笑

本契約もしてしまうと
なおさら後に引けなくなります。

初回打合せ。
CHIN夫婦の担当は
20代で、CHIN夫婦より若い設計士さんでした。
とっても話しやすい感じで
一条ブログでよく拝見する☆三ツ星☆とかではありませんでしたが
話しやすい方が打合せしていくうえで重要と思うので
問題ありませんでした。

で、本気で挑もうと思い。
CHINやKIKOの欲望を詰め込んだ要望書を作っていきました。
要望書、冒頭のみ抜粋。
サイズでかくなるので。それでも大きい。



まずは
CHIN夫婦の家作りの前提を定めます。

● 「出来ません」は受け付けない
→出来ない理由説明は大事だが、
 それより一歩先の解決案・代替案は必須(理由説明だけで片付けるのは最大NG)。
 ※一条ルールなんて、知らない。会社都合であって、私たちには関係ない。
  ある程度なら、DIYで対応も可能。
  むしろ、DIYも取り入れたい(夫婦共通の趣味だし、i-smart感丸出しは微妙)。
● 掃除が楽なのが大事
 →埃防止に扉、床に物がない、変なでっぱりがない、レールがない、間仕切りがない etc..
 →ルンバ類の掃除ロボ、ブラーバが大活躍
 →定位置に戻せば、何も出ていない状態になる
 (掃除機、鞄、服、鍵、子供のおもちゃ etc..の片付け場所確保は必須)
● 人生を共に歩む家
 →子供の成長、子供の独立、両親の老後、自分達の老後に対応できる
 ※洋室2つをどう使うか。どうあるべきか。

あとは、取り入れたい商品とかも貼り付けて
伝わりやすいように
説明しやすいように
ってな事を考えながら、あとはツラツラと
優先度が高いものは『必須』として
優先度うんぬんというより気になるものを『可能であれば』に。
『必須』と言っても最終図面にいきつくまでに断捨離もありました。
リビングの勾配天井なんかがそうです。
CHINの優先度最優先項目であったにも関わらず
間取りと壁との兼ね合いで
開放感をとるか、勾配天井をとるかで
CHIN自身が勾配天井とおさらばしました。

KIKOはバスルームの装飾(棚、パイプ、パイプ受け、鏡)の撤去を
諦めなくてはなりませんでした。
これは、最初に一条に足を踏み入れた時から言ってた事なんですけど
全て工場で組み立てられてくるので出来ないと。
最初は『出来るかも』みたいに言ってたのにね。
とにかく、カビと掃除を考えると
バスルームには何もないのが理想だったんです。
他HMなら、減額くらいな勢いなのに。くそぅ。

とりあえず、こんな風にまとめた要望書を渡しまして
設計士さんの質問に答えたりしながら
打合せを進めました。

さて、この要望書を基にどんなの設計してくれるんかな。
楽しみ楽しみ。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


特別運搬費との闘い。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




地盤調査を終え、購入を決めた土地。
しれっと仮見積もりに特別運搬費の計上あり。
しかも60万。

おいおい、営業君。
『道、狭いですけどたぶん入れますよ、大丈夫』
って言ってたやんか。
うちら、再三確認したやんか。
結構狭いと思うけど、本当に大丈夫かと。
この車で問題なく通れるので、たぶん大丈夫です!
そう言うてたのは君でっしゃろ?

契約しますと、工事課が現地の下見にトラックで行くようです。
そして、トラックがここまでは入れたけど
ここからは入れないとか実際に行って判断するようです。

で、3tトラック入りませんでしたーってことで
特別運搬費がかかるとなったようです。

KIKOはここで、
『おいおい話違うでしょ。
 報告書とやらが存在するなら、それも含めて提示して
 説明責任果たしなさいね。』
と、まだ入社2年目の営業君なので優しめ口調で諭しました。

一条での建設を決めましたが
仕事という意味で、何事も責任をもってやりましょうね。
ということが、家作りの間、度々出てきました。
あ、脱線しちゃった。

で、現場調査詳細報告をもらいました。

こういうの、言えばもらえます。
が言わないと大半何も出してきません。
情報に関しても、少しでも気になって詳細が欲しいなら
言うべきだとKIKOは思います。
もちろん社外秘だったりはあると思いますが
基本、CHIN夫婦の家の事なので、なぜCHIN夫婦が見れない書類が存在するのか
っていう説明が出来るなら出さなくても良いよってスタンスでした。

分譲地ではなく
昔ながらの住宅地なのでセットバックもない道路ギリギリまでの家がたくさん。
もちろん、新築もところどころあるので
ところどころセットバックされてます。笑

でこぼこと広くなったり、狭くなったりな道を抜けたら
CHIN夫婦の土地があります。

この家さえなければ(or建て替えてくれれば)通れるのに!
って所がありまして、その一か所のために特別運搬費が掛かるそうな。

CHIN夫婦の土地、大通りの駐車場の裏なので
上棟時、駐車場を借りてクレーンで搬入は出来んの?っと聞いてみました。
※i-smart名物、クレーンで壁が!ユニットバスが!飛ぶ!!!
 ってくらいなんだもん、結局クレーン搬入なんでしょ?

営業君『駐車場借りる方が高くつくと思います。』
KIKO『それ、試算してみた結果?脳内憶測の結果?』
営業君『の・・・脳内ですね』
KIKO『KIKOが求めるやり方知ってるよね?』
営業君『はい。』
とのやり取りで、ちゃんと試算するように促しました。

結果的に、駐車場を好意で貸してもらえ
そこから青クレーンでの搬入が可能となり
特別運搬費が大幅(30万程度)に減る事になるんですが
上棟時1日目を青クレーンで行い
『やっぱ借りてる駐車場の台数分じゃ厳しいわ』と、
現場の勝手な判断で、小分けトラック搬入で、黄クレーン導入となりました。

おいこら、お金を出すのはうちらなのに
なぜに勝手に判断したんだ。
小分けにするにしても、事前に一報入れるべきだと思いますが?

何だか
一条はこういう所あります。
一条なのか、営業なのか、工事責任者なのか。。。
アタリハズレの問題なのか。企業体質なのか。

皆様も
特別運搬費にはご注意くださいませね。
着手承諾時に金額が載るんですけど
掛かった分だけ請求になるって話なので。
何のための書類なんだよ。
こっちの変更には変更手数料やらなにやらとるくせにな!



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


地盤調査しました。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




一条名物、無料地盤調査。
この地盤調査の結果に基づいた処理をしないと
家を建ててくれないんですよね。

そんなCHIN夫婦の地盤調査の結果。
『ベタ基礎+ソイルセメント5.0m』
出ました。
ソイルセメント。
将来土地を売る事になったら、撤去費莫大な廃棄物。
避けたい。これは避けたい。

問題となってるのはA地点
残りのB、C、Dは超合格点。問題全くなし。固い地層。
1地点のせいでソイルセメントなのか。。
しかし、ここで思いました。
ん?待てよ。そこは駐車場にしようと思っている所だな。
家がそこに建たなければ関係ないんじゃないか。

普通、しないかもしれないお願い。CHIN夫婦はしました。
『A地点付近、もう数か所調べてみてよ。』
『仮間取りで建てた場合のA地点にあたる辺。』
↑伝わりました?言葉って難しい。。
実際は、営業君には図で説明したので伝えやすかったのですが。。

要するに、下図のE地点
あと、KIKOの独断で、G地点も追加してもらいました。
何か、営業君判断でF地点も。いや、F地点ないでしょ。
まぁ、無料だからいいけどね、笑。

で、どうだったと思います?
全ての地点が問題ないという結果だったんです。
『ベタ基礎』判定の調査報告書が届きました。
おかしいでしょ!
しかもA地点だけが問題で、EもFもG地点も問題ない。
はい?最初の地盤調査の結果だけで進めていたらソイルセメント必須。
でも、少し違う地点で進めたらベタ基礎のみ。

弱い地盤に無理やりベタ基礎で建てて崩壊しても・・・
って、この調査結果だと弱い地盤と思えないんだけど・・・
むしろ、測定する地点の采配で弱い地盤かどうか決められるの?
結構な個所を調査する必要あるんじゃないの?

なので
A地点は避けて間取り考えます
という結論になりました。

地形観察も以下の通りなので。
◆地形図
→標高15.0m
◆地形区分図
→砂礫質台地
◆地形模式図
→台地
◆液状化の可能性
→極めて低い


しかし、この調査の図もそうですが
やはり紙ベースだと、紙の真上が北。真下が南って思っちゃいますよね。
だって、方位マークそうなってるし。
土地の方位は何となくじゃ、思わぬ落とし穴があるかもよ。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


土地購入時の注意事項。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




地盤調査の結果はまぁまぁ良好。
とりあえず、別記事であげるとして。。
今日はKIKOが反省中の土地に関する注意事項。
いや、皆様は普通に注意されてるのかもしれないですけど
CHINとKIKOはやらかしましたので。

これが簡単な土地情報。


注意したい点は
『方位』

そんなもの当たり前だろうと思った方。
CHIN夫婦も方位を完全無視していた訳ではありませんよ?

ふむふむ南が平屋と二階建てがあるほうで、
東が道路面ね。東玄関になるかな。
と大体、こんな感じでした。

営業君との現地での会話も
不動産との会話も
設計士さんとの打ち合わせ中も
何か、完全に紙の真下が南。真上が北。みたいな感覚になっていきます。

実際は、ちょっとズレがあるんですよね。
こんな風に。
この土地に立って太陽を感じる分には
紙の真下が南。真上が北。くらいの感覚に変わりはないんです。

でも、建物が建つと壁が出来ますよね。
これが、最終的にやっちまったなと思う点になるので
早々に記事にしておきました。
何がやっちまったになるのかは
またの機会としまして。。

設計中、間取りでは大いに迷います。悩みます。
でも、紙ベースでは真下が南って訳ではないので注意が必要です。

CHINもKIKOも
この大したことと考えていなかった、やや南ズレに
建築真っ只中な今、結構深めなナイフを刺された感覚がありますので。

うぅ。
完璧だと思っていた間取り。
少し陰りが。。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


本契約時、とりあえず図面がいる。

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ




本契約時、何の打ち合わせもしとらんのに
仮の間取りが必要なのですね。
そう仮のオプションとかも。

契約って事実だけじゃダメなのかな。
だって、それにも印紙とられてる訳だし。
最終図面出来たら、追加・変更工事請負契約書として
契約時の内容をマイナス。
最終内容をプラスという書類が出てきます。
それには5000円の印紙が。
勿体ないですよね。何でそれ、こっちが負担なの?

まぁ、ここでゴネても事態は変わらないので仕方ないですが。
KIKO的には不服です。

ざくーっとした間取りで
とりあえず契約しますよ。

契約しないと、要望を詰め込んだ間取りの設計は出来ません。
だったらやっぱり、契約時に図面いらんやんか。

で、こんな金額になってました。

建物本体工事(100.20㎡):18,431,291
建物申請その他業務       :363,400
付帯屋外給排水工事       :1,094,400
標準仕様外工事             :3,365,600
-----------------------------------------------
建物工事合計(税抜)        :23,254,691
消費税                         :1,860,375
-----------------------------------------------
建物工事合計(税込)        :25,115,066


あ、CHIN夫婦は
法人割が適用されました。
昔は3%だったっぽいのに、今は2%でした。切ない。



発行書類・印紙代まとめ---------------------
建築工事請負契約書:10000円
設計業務受託契約書:200円
重要事項説明書:なし
敷地調査報告書:なし
----------------------------------------------



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ

ポチッと応援お願いします。


Family Structure

  • ★★★★★★★★★★★★★★★★
  • CHINとKIKO

    CHINとKIKO

    山口県在住。
    田舎だけど、住みよい所だと思っている。

    ◆CHIN(♂33)
     宝くじ当てて仕事を辞めたいが口癖だったが、
     ローン返済のために
     定年まで働くことを余儀なくされた男。
    ◆KIKO(♀32)
     無償の愛などない!と言い切るくらいドライで
     電気の消し忘れなど細かい事に口うるさい
     恐妻と噂されている女。
    ◆SAZU(♀4)
     最近は、縄跳びブームな長女。
     ぶどうが大好き、牛乳嫌い。
    ◆EZU(♀1)
     長女に嫉妬しまくりな次女。
     毎日、ママのお膝の争奪戦。

    SearchForm